アンティーク家具について詳しくなろう

アンティーク家具購入の際参考にしてください

このサイトでは近年人気を集めている存在である「アンティーク家具」に関するさまざまな情報を紹介しています。
具体的に紹介している内容としては、そもそもその特徴がどのようなものであるかからその平均価格がどのくらいか、またどのくらいの年代を目安にアンティークと言えてその価値がどのように決まるのか、さらにはぜひおさえていただきたい家具の色に関する情報などを掲載しています。
ぜひ購入時の参考にしていただけたらと思います。

アンティーク家具の特徴

アンティーク家具の特徴 「アンティーク家具」の多くは1900年代に作られた家具でありその多くがまだ機械化されていない時代に人の手で大切に作られその上質な仕上がりゆえに現代まで大切に使い続けられてきた点がその最大の特徴です。
新品ではないのでどんなにきれいに修復されたものであっても必ず傷や汚れはあります。
それは「アンティーク家具」のデメリットと言えるでしょう。
一方で同じデザインや形のアンティークが見つかったとしても工業製品ではないものが多いため色や形、木目などがそれぞれ違いどの「アンティーク家具」も世界に1つしかないという点がその最大のメリットと言えます。
特徴でありその最大の魅力ゆえに運命を感じる「アンティーク家具」と出会えたらぜひ購入しましょう。

アンティーク家具の特徴や購入する際に気を付けるべきこと

アンティーク家具の特徴や購入する際に気を付けるべきこと アンティーク家具とは主にフランスやイギリスで、1900年代前半~1970年代に作られた家具の事を言います。
人の手で大切に作られたものを、100年経った今現在、もう一度使えるように修復してあるため新品の家具ではありません。
時間の経過とともに、キズが付いたり汚れていたりしたものが、年月を経たことでより風合いのあるものに変わっているという特徴があります。
またこの世に一つしかないものもあり、デザインや実用性だけでなく、コレクション性という面からも人気があるのがアンティーク家具の特徴です。
メリットが多いアンティーク家具ですが、もちろんデメリットもあり、まず挙げられるのは、一般的な家具よりもサイズが大きめに作られている事です。
広い部屋に置くのなら良いのですが、そうでない場合はアンティーク家具を置くことで部屋が窮屈に感じられるかもしれません。
また購入をする際はオークションなどを利用する事が多くなりますが、実物を見てから購入するのではなく、掲載されている写真などを見て購入するのが一般的です。
そのため写真だけでは分からないキズや不具合が隠れている事もあります。
気を付けて選んだつもりでも、実物を見ると想像していたアンティーク家具と違ったというトラブルが起こる事もあり、普通の家具と比べて選ぶのが難しいというデメリットがあります。

アンティーク家具関連リンク

アンティーク家具

Copyright (C) 2018 アンティーク家具について詳しくなろう. All Rights Reserved.