アンティーク家具について詳しくなろう

アンティーク家具の価値

アンティーク家具の価値

アンティーク家具の価値 日本では骨董品と言われて海外ではアンティークと言われていますが、アンティークと言われるのは製造されてから100年を経過していることが基準となっていてアンティーク家具もそのようになります。
アンティーク家具の特徴としてあげられるものには現代の物の多くは工業製品となっていますが、人の手作業により作られていることが重要でそれは世界に1つだけの家具になるからです。またいろいろな人たちによって使われ続けられた歴史を持ち、大切に扱われて壊れた部分は修理して使われてきたことがあるものになります。アンティーク家具の価値にはもちろん時間にあり、単に100年過ぎているからというものではなく何百年もの間所有している人に生活の中で大切にされて愛着を持たれていたことがわかるものになるのです。歴史の重みが感じられそれを使ってきた人たちの生活習慣や、その時々の価値観など全てが刻み込まれているような趣が静かに漂うものになります。

アンティーク家具ならではの特徴と醸し出す雰囲気

アンティーク家具ならではの特徴と醸し出す雰囲気 アンティーク家具は、一般的な家具店や量販店で販売されている工業製品とは全く異なり、過去に製造された製品であるだけで無く既に誰かに使用されている製品である事から1つとして同じ物が存在しないのが特徴であり、製造された国や時代によってかなり特徴や価格が異なります。その為、生産国や生産された時代などのファクターが異なると同じ様な製品でも好みが大きく分かれるポイントです。
アンティーク家具は、工場の機械で精巧かつ大量に生産される製品の様に塗装が均一かつ滑らかな製品は非常に稀であり、手作業ならではの風合いだけで無く長い日々に生活で刻み込まれた傷や凹みなど全てを理解すると共に比類無き魅力として理解できる人の為の高尚なインテリアと言えます。また、アンティーク家具には日々の生活で刻み込まれた傷や凹みなどを綺麗にレストアしている製品もありますが、新品には無い往時のデザインが醸し出す雰囲気と歴史が紡ぎ出す存在感をしっかりと内包しています。

Copyright (C) 2018 アンティーク家具について詳しくなろう. All Rights Reserved.