アンティーク家具について詳しくなろう

アンティーク家具購入の際参考にしてください

アンティーク家具の年代の目安

アンティーク家具の年代の目安 アンティーク家具の特徴は希少価値がある骨董品だとされていますが、同じ意味を持つヴィンテージ家具との区分は100年か否かで決められています。
裏返せば100以上経過した年代物はアンティーク家具、100年以下の骨董品はヴィンテージ家具というわけです。
そもそも両者の区分は1930年頃に規定されたアメリカ合衆国の通商関税法が土台にあります。
この法律には「製造から100年を経過した美術品、工芸品、手工芸品」と定められており、それはWTOが加盟国での取引にもそのまま適用させている状態です。
その一方で100年以下の家具やインテリアにも価値を見出す愛好家がおり、またアンティーク家具以上の価値を持つ品が出てくるようになっていきます。
本来であれば既定の年数に及ばない品はジャンクやラビッシュなど良くない名称で呼ばれていましたが、それらとの区別を図るために価値がある100年以下の骨董品はヴィンテージと呼ばれるようになったわけです。

アンティーク家具は時代背景によって特徴が異なる

アンティーク家具は時代背景によって特徴が異なる アンティークという言葉には、「古い」という意味があります。
アンティーク家具はそのまま訳せば古い家具という意味になりますが、基本的には100年以上経過していることが条件とされています。
しかし、はっきりとした定義があるわけではないので、100年未満のものでもアンティーク家具と呼ばれる場合もあります。
アンティーク家具は、年代や時代背景によってそれぞれ特徴が異なっています。
デザインや細かい部分の細工なども色々違いがあり、当時の流行や熟練した職人の技を見ることができます。
古ければ古いほど良いというわけではなく、デザイン性なども価値を決める要素になります。
一つ一つの家具が手作業で作られていた時代よりも、機械化が取り入れられた時代の方がデザインのバリエーションは幅広くなっています。
洗練された美しさを見る事ができたり、注文した人の好みが反映されていることも多くなっています。
アンティーク家具のスタイルや細工から、その時代の風景が見えるようです。

Copyright (C) 2018 アンティーク家具について詳しくなろう. All Rights Reserved.