アンティーク家具について詳しくなろう

実用性が維持されているアンティーク家具

実用性が維持されているアンティーク家具

実用性が維持されているアンティーク家具 アンティーク家具の定義は表現しにくい部分があり、製作されて100年以上の家具というのが一般的です。この頃に製造された家具は、一種の工芸品・美術品で、実用性を考えた木材を選定、長年の使用に耐えうるような強度や処理がなされています。そのため表面に傷が付いたり、退色したとしても、適切なメンテナンスを施せば元のように使用できるよう復活することがほとんどです。
またアンティーク家具は例え使用しなくても、そこにあるだけで存在感があり、一種の美術品のような趣があるものも多数あります。特に表面に施された特殊な塗装は、底光りを感じさせるエネルギーを発するものもあり、こういった品物はショップでも高価で取引されることが多いです。さらにアンティーク家具は大事に使用されていたことが多く、目立った、致命的なダメージもないことから丈夫さも手伝って、高値で引取るショップも多数あります。
しかしながらアンティーク家具は木材を使用している点から周囲の環境には注意が必要で、特に湿度は高すぎても低すぎても実用性を直ちに損なってしまうことがありますので注意したいポイントとなります。

日本人に受け入れられるアンティーク家具の雰囲気

日本人に受け入れられるアンティーク家具の雰囲気 インテリアを考えるとき手がかりの一つとして、スタイルもしくは雰囲気がありますがこれはあくまでも参考になる分類であって、トーンの統一やディテールは使う人の感性が決定します。
アンティーク家具においても、いくつかの傾向があります。私たち日本人の生活に直接影響を与えたのは、アメリカの合理主義に基づくデザインでしょう。また日本人の生活感覚に比較的同調しやすかったのは、ナチュラルな材質感を生かし温かみを感じさせる、北欧のデザインです。さらに未来の可能性を予感させ素晴らしい表現力に目を見張らせたのは、イタリアのデザインでした。今日の住まいのアンティーク家具の大半は、これらの潮流とは無縁ではありません。当然のことながら今日の住まいのインテリアの大半は、これらの潮流と無縁ではありません。アンティーク感覚は現代人にとって生活のあらゆる面において基調となるものです。しかもシンプルで解放感にとんだ空間での生活を基本としてきた日本人には、ごく自然に受け入れられる要素も少なくありません。

Copyright (C) 2018 アンティーク家具について詳しくなろう. All Rights Reserved.