アンティーク家具について詳しくなろう

アンティーク家具の色の特徴

アンティーク家具の色の特徴

アンティーク家具の色の特徴 アンティーク家具の色の特徴は、主にセンダン科マホガニー属の常緑樹から取れる木材の総称で艶やかな赤褐です。
家具に用いられると高級感があり、イギリスでは今でもマボカニーが好まれアンティーク家具として残っています。また独特のウォルナット材に居ている木で、とても濃い焦げ茶の木肌が特徴のものもあります。それ以外にはウォルナット材はとても堅く頑丈で、現代の家具にも良く用いられることがあり、彫っても濃いの茶でシンプルな家具からデコラティブな家具にまで幅広く使われています。使い込んで行くと色が少しずつ薄くなり、ワックスを塗ると艶が出て良い雰囲気になります。
オーク材を使ったものは、木目がハッキリとしていてタイガークラウンと呼ばれるトラの模様が入っていて、日本でも婚礼ダンスなどにも使われます。そして強度があって耐久性にも優れ床材やウィスキーの樽に使われ、使い込むほどに深みがあり磨く程に味わいの深みに変わります。

フランスアンティーク家具の白の特徴について

フランスアンティーク家具の白の特徴について フランスアンティーク家具といえば、白を基調にしたシャビーな家具が王道と言われています。
どんなインテリアとも相性が良くて、室内をお洒落に仕上げることが出来るとあって人気が高いのも事実です。中には繊細な彫刻が施された特徴のある家具も多いため、その家具を1点室内に配置するだけで、雰囲気のある室内にすることが出来るのです。
フランスアンティーク家具の場合、良質な木材を使用しているため、多少痛みが目立っていてもペンキを塗ったりお直しをすれば驚くほど綺麗に蘇ることから、アンティーク業者の間では蚤の市で仕入れて自分たちで修復したものをお店に並べているところも珍しいことではないのです。クラシックな白を基調としたフランス製のアンティークテーブルは、使い勝手が良くて他の家具との相性も抜群であることから、お洒落な人達の間では人気を集めている家具です。ペンキの色が落ちてしまっていても、そこに歴史を感じることが出来るのもアンティークの魅力です。

Copyright (C) 2018 アンティーク家具について詳しくなろう. All Rights Reserved.